Skip to content

手術後にリンパ浮腫にならないようにする日常生活での注意点

リンパ浮腫治療を行うことに難色を示すのなら、がん手術後の対策を行いましょう。

医師との連携やアドバイスを受けることも大切です。

手術後はセルフケアに従事するために日常生活での注意点をしっかり念頭に入れておきましょう。

防ぐためにもボディチェックを怠らない

がんの手術が原因でリンパ浮腫という後遺症が現れてしまうこともあり、そのような症状で苦しむ人にとっては、リンパ浮腫手術で治すことが最善策です。

例えば、脂肪吸引器を使用したリンパ浮腫根治術というのは、LVAやリンパ節移植術後の症例であっても受けられるようですし、再発や悪化・リバウンドが皆無となる治療法です。

その一方で、リンパ浮腫手術後の理学療法であったり、再治療が必要なケースが多く根治に難色を示す手術も少なくありません。

症状が軽度であれば、1度の手術で根治することもあります。

保険適用であることで、経済的負担も少ないはずです。

しかし現実問題、がんの移転や再発も少なからずあります。

がん組織の切除をしたところで、全ては取り除くことができずに再発をしてしまうことさえ少なくありません。

この転移や再発によってリンパ浮腫が再発する可能性も無きにしも非ずなのです。

発生したがんがリンパ管を圧迫してリンパ液の流れを遮ってしまうことから現れます。

では、手術後にリンパ浮腫にならないようにすることはできるのでしょうか。

例えば、リンパ浮腫治療法の1つには、マッサージでリンパの流れを促して浮腫を取るという補足的治療も行われています。

リンパ浮腫治療としては初期段階で有効性があるために、早期発見はポイントになりそうです。

日常生活での注意点というのは、ボディチェックを怠らないということに尽きます。

浮腫があるなら、早めに診察を受けましょう

浮腫にも0期から再手術が必要になる3期まであり、無症状の0期で発見は難しいものの、毎日ボディチェックしていれば発症初期の状態でも浮腫でいる箇所を把握できます。

日常生活での注意点としては「圧迫させない」ということです。

静脈が見えなくなると要注意で、患部をつまむなどのセルフチェックを行いましょう。

これまで、リンパ浮腫治療を行ってきた人は複合的治療となるリハビリや投薬、運動や体重維持の食事療法など、必要に応じた治療を行ってきたかとも思います。

やはり、アフターケアで症状を緩和できるために、クリニックの選び方も再発を予防する1つのポイントにおくべきです。

クリニックなどでは、手術後にリンパ浮腫にならないようにする浮腫取りに、マッサージ・圧迫・圧迫下での運動療法の4つで対策しています。

締め付ける衣類を身に付けるのは避ける

手術後にリンパ浮腫にならない日常生活を送りたいもので、その注意点としては圧迫させない衣類の選び方にもあります。

洋服や装飾品を選ぶ時に注意したいのは、過度な締め付けのあるものを身に付けてしまうということです。

誰もが、緩いゴムの下着や靴下を身に付けるのは恥ずかしさもあるはずで、きつめのゴムが入った衣類を身に付けがちです。

その部分だけ赤く跡が残るほどに締め付ければ、血流が悪くなってしまい浮腫ます。

ですから、部屋着などはゴムなしの緩いものを身に付けましょう。

また、マッサージをして滞っているリンパ液の流れを促しましょう

弾性ストッキングを使用して圧迫をするにしても、身に付け方をしっかり覚えておかなければ効果も半減してしまいますので気を付けましょう。

寝る時には、枕やクッションなどを用いり腕や脚を床より高めに上げておくだけでもリンパ液の流れが促されます。

リンパ浮腫治療では、弾性ストッキングや弾性スリーブなどの弾性着衣を用いるのですが、これは特殊な製法で作られた衣類になります。

なお、美容目的で寝る時に利用するタイプの着圧ストッキングとは異なり、医療用です。

普段から身体全体を締め付けるような衣類を身に付けていると、リンパ液の流れが悪くなってしまいますから注意しましょう。

マッサージでは、下から上に向かって、滞っていたリンパを流します。

ゆっくり優しくがポイントで、リンパ管を刺激するほどに強いマッサージは逆に流れるリンパ液の量を半減させたり、老廃物が溜まりやすくなったりますから注意しましょう。

同じ体勢や姿勢でも浮腫やすくなる

手術後にリンパ浮腫にならないようにする日常生活では、食事や体重維持も重要になります。

特に注意したいのは、浮腫の原因になる塩分が多い食事を避けることで、なるべく減塩の食事を意識しましょう

手術後は、栄養価の高い食事を摂取しがちで体重増加することがあります。

脂肪によってリンパ管が圧迫されることさえあるので冷え性や浮腫を改善させる意味でも栄養バランスを図りましょう。

また、太くなっていないのかこまめなボディチェックで対策ができます。

万が一リンパ浮腫になっても早く対応することができるはずです。

転移や再発した後も、ケアによって日常生活をこれまで通り、無難に過ごすことも可能です。

そのためにも変化に気付くことに注意をすることがポイントとなります。

手術をした場合には、無理なリハビリで症状が悪化してしまうため、ダウンタイムをしっかり取りましょう

また手術後にリンパ浮腫にならないように、旅行やレジャー好きな人、度重なる出張者などは、飛行機やバス移動を行うかと思います。

窮屈な姿勢長時間同じ体勢では浮腫やすくなります

移動ですら楽しい時間でしょうが、身体の様子には細心の注意を払いましょう。