Skip to content

リンパ浮腫にならないように日常生活で気をつけること

病院でがんと診断された場合、治療行うことになります。

しかし、治療した後にはリンパ浮腫という症状に陥るケースが少なくないようです。

そこでリンパ浮腫になった場合にセルフメンテナンスができれば、リンパ浮腫の症状を軽くすることができるでしょう。その際には、どんな事柄に気をつけるべきなのでしょうか。

締めつけ感もポイント!ゆるめの洋服を選ぼう

リンパ浮腫を起こさないためのポイントは幾つかあり、まずは衣食住の中での衣類選びです。

洋服や装飾品を選ぶならば、きつめにゴムが入った靴下や下着は避けましょう

他にも女性ならばブレスレットや腕時計をはめていて赤く跡が残るのなら、過度な締めつけとなり血流が促されずに浮腫んでしまった状態だと考えられるので注意しましょう。

他にも発症のキッカケには、炎症という皮膚トラブルも関わっています。

できるだけ炎症を起こさないようスキンケアには日常的に気をつけ、清潔を保ちましょう。

もちろん、がん治療では免疫も抵抗力も落ちているため、怪我や小さな擦りキズでも炎症を起こすこともあるので、汚れや菌を含むペットに触れる際にも注意しましょう。

ストレッチやマッサージで体をメンテナンス

リンパ浮腫にならないためには、適度な運動も取り入れるべきでしょうが、激しい運動は逆効果になる可能性もあるようです。

お風呂の時間を利用し、自分の体を鏡で見ながらボディチェックをしましょう。

浮腫んでいるのか皮膚を指でつまんでみたり、手首の太さを親指と人差し指で輪を作って計測してみれば、腫れや流れが悪いことも一目瞭然です。

リンパ浮腫にならないためにも、医療機関においてはリンパマッサージが推進されています。

リンパのしこりにも効果的ですし、ストレッチや運動も試す価値が十分にあるようです。

リンパストレッチは良い運動にもなり、体重管理が必要となる患者にはゆっくりしたスローストレッチは運動不足にならない上に体の負担にもならず、試してみる価値があります。

また、がん治療を下半身に受けている、受けていたのなら、足を組む・正座の姿勢は避けましょう

もし正座をしたのならばその跡に屈伸運動を行うとリンパの流れが改善され、老廃物を排出させることもできます。

また、栄養素を体中に巡らせるなど、より健康的になれる利点もあります。

バランスの良い食事を作って食べる食生活

衣食住の食に関しても同様に気をつけたい点が多々あります。

バランスの良い食事を摂ることはもちろんですが、何よりアルコール香辛料を使った刺激物などに関しては量を控えなければなりません

低糖質ダイエットが体重管理には適していても、肉食だけの食生活、アルコールを過剰に摂取すれば、リンパの流れは悪くなってきます。

一般的な浮腫とは違うことだけは念頭に入れましょう。

しかしながら、食事から気をつけることは一利も二利もあります。

例えば、野菜類にはリンパの流れを良くする役割もあり、なるべく野菜中心の献立を考えれば、体重管理にも役立ちます。

ちなみに、アルコールではなく、ミネラルウォーターから水分摂取すれば、老廃物も排出され、リンパの流れは改善されます。

逆に悪い食べ物にこそ気をつけたいもので、ジャンクフードや揚げ物は、他の健康被害も引き起こしかねません。

栄養士に相談するなどすれば、どのくらいカロリー摂取しているのか、栄養素が足りているのか、管理ができない患者でも負担なく安心して日頃から予防ができるはずです。

リンパ浮腫治療には、薬物療法や医療器具によるサポートまで多々ありますが、時間も治療費も負担になります。

だからこそ、がん治療をする患者、治療を終えた人々はリンパ浮腫を起こさないための予防法を知ることがポイントです。

気をつけたい内容は、日常生活に根付いており、衣食住に注意を払うことです。

そして、体調管理にも気をつけるだけでも健康被害に陥らず、違ってくるでしょう。