Skip to content

リンパ浮腫治療は無料カウンセリングを受けよう

リンパ浮腫治療は無料カウンセリングを受けよう現在日本ではおよそ5万人の方がリンパ浮腫で悩んでいます。
誰にでも将来起こりうる可能性がある「リンパ浮腫」
日本人の死因の上位にある悪性新生物。
その悪性新生物の中でも乳がん・子宮がんに卵巣がん・前立腺がんに皮膚がんの手術を受けた患者さんがこのリンパ浮腫になると言われています。
手術によってリンパ節を切除したり、放射線治療を行ったことの後遺症と呼ばれています。
このリンパ浮腫という治療は一生涯付き合っていくもので、治療も長期的に行っていく必要があります。
症状も0から3段階ありますが、レベル3迄行くと脚が像のように腫れあがってしまい、歩行困難で曲げ伸ばしも難しくなってしまいます。

 

無料カウンセリングがある事はご存知ですか

〇無料カウンセリング

リンパ浮腫患者さんに対して、無料カウンセリングが行われている事はご存知でしょうか?
意外と知らないという患者さんもいますが、実はリンパ浮腫患者さんで自分の腫れあがった脚や腕、今まで通りの生活を送る事が出来なくなったという事で気持ちがふさぎ込んでしまい、うつ病を発症してしまう患者さんもいます。

こういった患者さんに寄り添い、心のケアを行おうと無料カウンセリングを行っているのです。
無料カウンセリングでは、患者さんの悩みや治療の事、仕事をしている人はどうやって治療と両立していけばいいのかと言った悩みを打ち明ける人も居ます。

 

〇リンパ浮腫によるうつ病の発症
レベル3の症状になると、仕事と両立していくという事が難しく、症状がある程度落ち着くまではリハビリに専念する必要があります。
また、家族の協力の元生活を支えてもらう必要もあります。

患者さんによってはがんの転移や再発によって再びリンパ浮腫になる事もあるため、生涯付き合っていかなくてはいけない後遺症です。
最初の事は普通に歩いている人を見て落ち込んでしまったり、仕事ができず生活面で不安が消えない、本当に症状が軽くなってくれるのか分からないものです。
うつ病を発症してしまうと人によっては外に出ることをためらってしまいます。

自宅にこもってばかりは余計に症状が悪化することになるでしょう。
また、近年では心療内科も漢方薬で治療を行っているクリニックが増えてきましたが、医薬品を使用するとなると、副作用で更に浮腫みが悪化する事もあります。

 

〇早期に治療を行う

では、そうすればいいのか。
リンパ浮腫は症状や体質によってすぐに細くなる人も居ます。
手術をして十数年何も治療を行ってこなかったという患者さんが、複合的治療を受けてからわずか2週間で脚が細くなったという人も居ます。
治療は早く行えば行う程効果も表れやすいのです。
また、肥満患者さんに対しては肥満も浮腫みの原因になります。
よって食事療法や運動療法で体重をコントロールしていきます。
この肥満患者さんが食事療法や運動療法を行って体重コントロールを行った結果、浮腫みが随分軽くなったという報告もあります。

 

〇仕事をしている場合の注意点

リンパ浮腫患者さんによって仕事をしている人も居ます。
仕事と治療を両立しなければ、なかなか仕事を続けていくことは困難でしょう。
普段行っている仕事で「立ちっぱなし」「座りっぱなし」などしっぱなし状態の仕事はあまりお勧めできません。

リンパ液が滞ってしまい、症状が辛くなる事もあるからです。
例えば事務職で座っている時間が多い人は、1時間に1回は立ってストレッチをしてリンパ液の滞りを予防するようにしましょう。
立ちっぱなしの人は、いすを使って座れる仕事に切り替えたり、時間ごとに小まめに休憩を貰って無理がないように仕事を出来るように上司の方と相談するようにしてください。
無理して立ちっぱなしや座りっぱなしの状態を続けると、浮腫んでしまうため注意が必要です。

 

無理をせず自分のペースで付き合っていきましょう!

リンパ浮腫は生涯付き合っていくものと聞いてショックを受ける患者さんも少なくはありません。
特に働き盛りであればあるほど、仕事との両立やこの先どうやって生活していけばいいのか、色んな考えが頭の中に浮かんできます。
そんな患者さんしか分からない悩みを、カウンセラーに打ち明けてみてはいかがでしょうか。

無料で相談に乗ってくれ、カウンセラーさんも様々な患者さんを相手にしてきた方なので、治療の悩みや生活面での悩み、今後の事まで細かく聴いてくれそれに対しての様々な解決策を提案してくれます。
悩みを打ち明けるだけでも気持ち的にすっきりして、治療に前向きになる事もできるかもしれません。

治療も長期的に行う人も居る為、決して楽な道ではありません。
ですが、日常生活で食生活や運動、体重のコントロールやリハビリなどこれらの事に気を付けているとひどい状態になる事はほとんどありません。
症状も軽くなり、日常生活を送るうえでも不自由なく快適に過ごすことも出来るのです。
今悩んでいて苦しい患者さんは、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。