Skip to content

リンパ浮腫治療は日帰りで行うことは可能?

リンパ浮腫の多くはがん治療をした後に発生していますが、一度発症してしまうと完治はかなり難しくなってしまいます。したがって、適切な治療を施すことによって症状を軽減したり、悪化を防ぐことがとても重要だといえます。

 

知っておきたいリンパ浮腫の基本治療方法

リンパ浮腫治療として基本的に行われているのは圧迫療法とリンパドレナージと呼ばれる方法となっています。圧迫療法はその名の通圧迫することによって症状の悪化を防ぐもので、専用のストッキングや包帯などを利用して行います。

またリンパドレナージはリンパ浮腫に対応したマッサージを行うことによって症状の軽減などを図るものです。そのため、まずは病院ではリンパ浮腫の原因がなにかを明らかにし、実際に圧迫療法やリンパドレナージを利用できるか検討します。この場合、閉鎖性動脈硬化症などがあるとこれらの基本治療は利用できない場合があるので注意しましょう。

圧迫療法、リンパドレナージを利用することができれば、あとは外来での処置で対応することができるようになります。この場合、資格を持っている人がリンパドレナージの施術を行ったり、合っている弾性着衣を選んだりします。

 

なかなかリンパ浮腫が良くならない場合

圧迫療法を行っても、リンパドレナージを行なってもなかなかよくならないという時は、この2つ以外の方法で対応することになります。しかし全ての人が利用できる施術というわけではなく、さらに施術を行える人でも効果の出方はまちまちです。

そのため、施術を受けてもなかなか浮腫が軽減しないということもあり、その場合は別の方法でアプローチすることになります。実際に圧迫療法やリンパドレナージで対応できないという時は、手術によって対応するというのが一般的です。

これはリンパ管細静脈吻合術と呼ばれており、実際の手術では顕微鏡を利用して行います。顕微鏡を使ってリンパ管と静脈をつなぐことで、リンパ管の流れに障害が発生することで手や足に溜まってしまったリンパ液を静脈に流すことができるようになります。

静脈にリンパ液を流すことができるようになると、そのリンパ液は静脈を通って心臓に戻すことができます。一見静脈とリンパ管をつなぐのは良くなさそうですが、実はリンパ液自体は静脈にすでに流れ込んでいる状態です。だからリンパ管と静脈をもしつないだとしても、違う種類の液体が流れているからトラブルが起きてしまうということはありません。

 

治療は日帰りの時もあれば入院の時も

リンパ浮腫治療自体は圧迫治療、リンパドレナージ、リンパ管細静脈吻合術などを利用して行われています。圧迫治療やリンパドレナージに関しては日帰り治療が可能となっており、通院によってその施術を受けることも可能です。

しかし手術の際は何日間か入院しなければならないということになっています。どの治療を行うかはその人のリンパ浮腫の状態だけでなく、他の症状の有無などによっても変わって来ます。

したがって、人によって治療は日帰りでも良いと判断されることもありますが、入院が必要だといわれることもあると理解しておきましょう。またリンパ管細静脈吻合術を行ったらもうそれで終わりというわけではなく、その後も圧迫治療が必要となる場合もあります。

ただその状態に合わせて正しい治療を行うことによって悪化を防ぐことも十分可能なので、まずは病院に行ってどの治療が最適か判断してもらうところから始めましょう。

 

リンパ浮腫は一度発症してしまうとなかなか完治することは難しいので、まずは日常生活において上手に付き合っていく道を模索することが必要です。したがって治療も完治を目的として行うというよりは、症状の軽減や悪化を防ぐことが目的でなされている状態です。

一般的に治療としては圧迫療法やリンパドレナージが採用されており、その場合は病院でその施術を受けることができます。圧迫療法は専用の弾性着衣を利用して行いますが、病院では効果を最大限に発揮できる弾性着衣を選んだりします。

リンパドレナージはリンパ浮腫専用のマッサージのことで、資格を持っている人が専門的に行ってくれるようになっています。ただ、全てに対して圧迫療法やリンパドレナージを利用することができるかといったら、決してそういうわけではありません。

実は、その人の体の状態やリンパ浮腫の症状の重さによっては、圧迫療法などを利用できないということもあるからです。また圧迫療法やリンパドレナージを行なってもなかなか症状が良くならないということも実際には起きています。

このような場合は、外科的な手術を利用することによって治療を施すというのが一般的です。この場合、リンパ管細静脈吻合術を顕微鏡を利用して行いますが日帰りで行うことができるわけではなく入院が必要です。

つまり、リンパ浮腫に関しては日帰りで治療をすることができるという場合も決して少なくありません。しかし人によっては入院が必要となることもあるので、日帰りだけでなく入院治療も存在していると理解しておくと良いでしょう。