Skip to content

リンパ浮腫は箇所によって料金が異なる?

ふくらはぎなど身体の特定の箇所に浮腫を見つけることがあります。見た目も悪く気になるものです。このような浮腫を甘く見てはいけません。

停滞しているリンパ液は身体の免疫機能に関わる重要な役割を持っているからです。浮腫を完全に治したいなら医療機関で受けられる治療方法を中心に調べてみましょう。

 

リンパ浮腫は放置してはいけない病気

体中を流れるリンパ液は、免疫機能に関わる大切な役割を持っています。このリンパ液が流れるリンパ管の中継地点となるのがリンパ節です。

このリンパ節を手術で取り除くことでリンパ液が周囲に溢れ出してしまうのがリンパ浮腫と言われる症状です。リンパ浮腫は適切に治療しないと自然に治ることはありません

単なるむくみと安易に考えていると感染を起こして腫れあがってしまう人さえいます。そうなれば、仕事や日常生活にも支障をきたすことになるので、できるだけ早い段階から治療をはじめることが必要です。

リンパ浮腫治療は弾性着衣を用いた圧迫療法や医療リンパドレナージなどが基本となり、生活指導も受けながら進めていきます。きちんとした治療を受けていれば、ある程度は症状の悪化を抑えることができます。

しかし他の病気と比べると治り難い病気の1つです。

 

悩みから完全に解放される唯一の方法

リンパ浮腫に対して外科的手術による治療を選ぶこともできます。リンパ液を流すためのバイパスを新たに作るのが、リンパ管静脈吻合術です。

この治療方法は、劇的な症状の改善は見られないものの圧迫療法と併用することでそれなりに効果を得ることができます。そして頚部などから正常に機能するリンパ節を採取して必要な箇所に移植する方法もあります。

この方法では、採取するリンパ節が不適切だとその箇所に浮腫が生じてしまうというリスクがあるので注意が必要です。これ等の方法はいずれも早期ほど治療効果が高く、術後1週間程の入院が必要です。

かかる費用については、手術を行う箇所やリンパ管の数、麻酔の方法などにより個人差があるので一概には言えません。しかも症状の軽減は期待できても完治させることは難しいのが現実です。

しかしこのような現状を打破してくれるのが、VASER超音波リンパ浮腫根治術の存在です。この治療法は限られた医師と医療機関でしか受けられませんが、唯一の根治術として注目を集めています。

手術時間も約2時間から5時間で済ませられるので入院の必要もなく、リンパ管静脈吻合術やリンパ節移植術を受けたことのある人でも受けられます。そしてVASER超音波リンパ浮腫根治術は、身体の各箇所によって料金が細かく分けられているので、必要な箇所だけ手術を受けることができます。

片側の腕だけで約37万8.000円から86万4.000円となり、片脚では約16万2.000円から129万6.000円が必要です。これ等の料金については、若干高く感じる人もいるでしょう。しかし悩みを解消できる唯一の方法と考えれば、決して高額な費用とは感じられない筈です。

 

充実したアフターケアがメリット

VASER超音波リンパ浮腫根治術では、手術を受けた後のケアも充実しています。1ヶ月目と3ヶ月目、更に6ヶ月目にも診察してもらえるので、安心して任せられます。そして初めての人は何かと不安が生じるものです。今まで人には言えない苦しみを経験してきたのですから当然です。

VASER超音波リンパ浮腫根治術を受けられる医療機関では、個別の無料相談を受け付けています。一人で悩まずに、まずはメールで問い合わせてみましょう。それでもなお納得がいかなければ、口コミサイトをチェックします。実際にVASER超音波リンパ浮腫根治術を受けたことのある人の貴重な体験談を知ることができるかもしれません。

 

リンパ浮腫の殆どは、病気の治療のための手術が原因となって生じています。手術の直後に発症する人もいれば、一定の期間を経過してから症状が見られるケースも少なくありません。

手術が決まったら浮腫が生じることを前提とした対応をすることが必要です。この症状に対しては、様々な保存療法が知られていますが、どれも根本的な解決策とはならないことから、多くの人の悩みとなってきました。

しかし最近の医療技術の進歩はめざましく、この問題を解決する唯一の方法が開発されたのです。VASER超音波リンパ浮腫根治術なら短期間で浮腫を完全に取り除くのも夢ではありません。

そしてこの治療方法は身体の箇所ごとに料金が違います。あらかじめ目的を明確にしておいた方がお得に利用できます。もし分らないことがあれば、まずはメールや電話で問い合わせてみましょう。スタッフは全て美容と健康に関する専門家ばかりです。どんなに小さなことでも遠慮せずに質問することが必要です。