Skip to content

癌になるとリンパ浮腫になりやすい原因とは

癌になるとリンパ浮腫になりやすい原因とはリンパ管というものは血管と同様に全身に張り巡らされているものです。
その中を流れるリンパ液は身体の至るところの老廃物や異物を除去し、細菌やウイルスが侵入していないかチェックしその排斥に努めます。
日常的な健康に重要な役割を示しているといえます。
その反面、全身を網羅していることがさまざまな病気の転移を容易にしていることが取り沙汰されることもあります。
癌治療において、転移を防ぐために周辺のリンパを切除してしまうのはそのためです。
手術による圧迫や、中途で切除され行き場を失ったリンパ液はリンパ管から浸み出し、皮膚のむくみを招きます。
これがリンパ浮腫です。
軽度の場合は自然治癒しますが、症状が進むと硬化し合併症を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

リンパ浮腫を発症する原因

リンパ浮腫を発症する原因として現在わかっているのが癌などの病気治療による後遺症です。
治療の副作用や後遺症を原因として起こるリンパ浮腫二次性リンパ浮腫と言い、
それ以外の原因によって発症するリンパ浮腫一次性リンパ浮腫と言います。
一次性リンパ浮腫には遺伝的要因によるものや原因を特定できないものも含まれます。
一次性、二次性リンパ浮腫とも症状が痛みを伴うわけでもなく、初期段階において健康上のデメリットもないため軽視する傾向にあります。
しかし、合併症を引き起こしたり重症化したりすることも決して少ないわけではありません。
適切な対処をすることが大切です。

 

リンパ浮腫と癌治療との関係

癌治療において、癌細胞の転移を防ぐために発症部位周辺のリンパ節を除去する手術郭清(かくせい)と言います。
この郭清によってリンパ管の機能障害や閉塞が生じてしまうことは明らかで、放射線治療や抗がん剤の投与もリンパの機能に大きな影響を及ぼすと言われています。
主に癌治療を原因として閉塞や機能障害を起こしたリンパは流れが滞りリンパ浮腫を発症します。
リンパ浮腫とは、滞ったリンパ液の中の老廃物やタンパク質などが細胞と細胞の間に溜まってむくんだ状態になる症状です。
癌治療とリンパ浮腫との関係においてもっとも報告例が多いのが乳がんと子宮がん、次いで卵巣がんや皮膚がん、男性の前立腺がんなどです。

 

乳がんとリンパ浮腫

乳房周辺は鎖骨から脇の下にかけて多数のリンパ節が集中しているため、乳がん治療における郭清が身体全体に影響を及ぼすといっても過言ではありません。
腋窩から鎖骨・胸管周辺のリンパ管は、静脈を経て心臓へ至る通路となっています。
そのため、ひとたび機能障害を起こすと、両腕や上半身だけでなく下半身にもリンパ浮腫の症状が現れることがあります。
癌治療の部位とリンパ浮腫の発症部位と離れているから関係ないということではありません。
また、数年経ってからリンパ浮腫を発症することもあるので注意が必要です。
リンパは全身を循環しているため、リンパ浮腫がいつどこに発症するかを予測することはほぼ不可能に近いのです。

 

子宮がんとリンパ浮腫

子宮がん治療において子宮全摘出手術を施した患者の40%がリンパ浮腫を発症しています。
骨盤から鼡径部のリンパ節郭清と放射線治療が主な要因ですが、ほとんどの発症部位は左側鼠径部に限られていることが特徴です。
リンパ浮腫が左側鼠径部に多い理由として考えられているのが、左側鼠径部のリンパ節は普段から静脈と交差し、圧迫されやすい状態にあるということです。
症状が進行すると右鼠径部にも発症することがあります。

 

症状初期段階で対処する

気付きにくい面もあるリンパ浮腫ですが、それまで皮膚下にうっすらと視認できていた静脈が見えなくなったり動かすときに違和感があったりしたら、マッサージなどによるすみやかな対処が必要です。
この場合、マッサージを患部周辺だけに集中せず、左腋窩から鎖骨周辺を経て心臓への道筋に沿ってほぐしていくことが大切です。
すでに本来の姿ではなくなったリンパの流れは、至るところで滞る可能性があるのです。
全体的に滞りなく流れるよう適度なストレッチやマッサージが必要です。

 

症状が進行するとどうなる

リンパ浮腫の症状が進行していくと皮膚に溜まったタンパク質が白化し硬くなります。
しびれや痛みを伴うこともあり、角質化が進み象皮病と呼ばれる状態になることもあります。
また、患部の傷口や毛穴からリンパ液が漏れ出るリンパ漏(ろう)や、リンパ液が体内で袋状に溜まり炎症を起こすリンパ膿胞(のうほう)、さらには蜂の巣状の炎症を起こす蜂窩織炎(ほうかしきえん)などの合併症を引き起こすこともあります。

 

早期発見と早期対処

癌治療から長い期間を経て発症することも多いのがリンパ浮腫です。
そのため、因果関係を結びつけることが困難な場合もありますが、術後は経過観察を怠らないことが大切です。
軽視したり諦めたりせず、すみやかに根気強く対処していく必要があります。
すみやかな対処が症状の進行を遅らせることは自明の理、完治することが難しいと言われるリンパ浮腫とうまく付き合っていく手掛かりとなります。
合併症などの最悪の事態を避けるためにも早期対処し、生活習慣の中へ組み込んでいくことが大切です。