Skip to content

リンパの役割とは?大事な役割を知っておこう

ふくらはぎがむくんでいると脚が太く見えるので、気になる人も多いです。しかしこのむくみは見た目の悪さだけが問題ではありません。身体からのサインかもしれないのです。

1日で解消するようなものは心配いりませんが、体調の変化を伴う場合には深刻な病気が隠れている可能性も否定できないので、医療機関を受診しましょう。

 

リンパは健康と美容のバロメーター

リンパの流れが滞っていると健康や美容によくないということは、単なる知識として知る人は多いでしょう。しかしその役割について詳しく知る人はあまりいません。

管の中にはリンパ節という部位が各所にあり、侵入してきた病原体や老廃物をろ過する役割を担っています。特に首や脇の下、腹部などに集中していますが、全身に800ヶ所もあると言われています。

液体が流れる管は静脈に絡みながら網目のように全身へ張り巡られ、鎖骨の下の静脈に通じます。更に心臓へ運ばれ全身を巡っていくのです。

この液体の流れが悪くなると身体の免疫が低下して体調を崩したり新陳代謝が阻害されてしまいます。最も分かりやすい例として、ふくらはぎのむくみがあります。もしむくみが頻繁に見られるようなら健康状態があまりよくないと考えた方が無難です。

 

日頃の生活習慣が健康に及ぼす影響とは

リンパ管を流れる液体は、無色透明の液体でリンパ球が主な成分です。これは免疫細胞とも言われています。白血球の一種ですが、B細胞やT細胞、ナチュラルキラー細胞に分類され、ウイルスなどの異物に攻撃を仕掛けます。再び異物が入り込んできても、記憶に基づいて排除してくれる頼もしい存在です。

更に顆粒球とのバランスがよいと免疫力が高まると言われています。疲れやすい人や病気にかかりやすい人はこの2つのバランスが崩れているかもしれません。それぞれのバランスを保つには、自律神経が大きく影響していることが知られています。

自律神経はリラックスモードである副交感神経と緊張感を生じる交感神経とに分けられますが、リンパ球は副交感神経が優位になると増えてきます。常にストレスを溜めやすい人は交感神経が働いて顆粒球の割合が増えてしまうのです。

このような自律神経による免疫への影響については、健康を考える上で欠かせない問題です。特に職場や家庭おいてストレスが生じやすい環境にいる人は注意が必要です。更に日常生活を規則正しく過ごせるように改善していくことも大切です。

リンパ液は筋肉の収縮により流れが促され、全身に行き届くので運動不足の人はむくみが生じやすくなります。慣れないスポーツを無理にはじめる必要はありませんが、軽めのウォーキングなどを習慣化するだけでもよい効果が期待できます。

更に寝付きが悪い人や途中で何度も目が覚める人は睡眠障害を患っているかもしれません。質のよい睡眠が取れていないと疲れが取れないだけでなく、自律神経の乱れを招きます。就寝の3時間前には食事を済ませ、カフェインなどの刺激物もできるだけ避けましょう。いつまでも健康を保てるよう日頃から副交感神経が優位となる生活を心がけることが大切です。

 

そのまま放置してはいけないむくみについて

全身にはリンパ液が流れる管が無数に張り巡らされています。血液と同じように人間が生きていくためには欠かせない存在でもあります。その代表的な働きが免疫との関わりです。自律神経がバランスよく働くことで免疫が向上して病気になり難い強い身体となります。

しかし中には日頃の不摂生が原因となり流れが停滞することがあります。生活習慣を見直して規則正しい生活を心がけましょう。中には病気の治療が原因となり酷い浮腫が起こることがあります。

早期には気が付かないことも多く、厄介な病気として知られています。しかし医療技術の進歩により様々な治療法が開発され、短期間で治すことも不可能ではありません。

 

酷いむくみが起こる症状は、病気の治療が原因となって起こる場合があります。中でもリンパ浮腫は感染を生じるリスクのある難治性の病気です。

リンパ節を郭清したことで液体が溜まり、管の内圧が上昇して変形してしまいます。そして管の中の細胞同士の接着が緩んで液体が漏れ出すという状態に陥ります。結果として回収しきれない液体が浮腫を悪化させてしまいます。

脂肪や老廃物が溜まって肥大化しない内に何らかの対策を講じなければなりません。しかし実際には漠然とした違和感を覚えるだけでこれといった症状を伴わないことも多く、違いに気づいたときは既に進行しているケースが殆どです。

そうならないためにも定期的な診察や検査を受けるのが無難です。このような症状に対して、移植術や脂肪吸引器を使用した方法など様々な治療方法があるので、諦めてはいけません。