Skip to content

リンパ節移植術は保険に対応している?

リンパ浮腫治療にはいくつかの種類があります。中でも、移植という治療法を選択することもあるでしょう。

治療には費用がもちろんかかります。移植の場合、どのくらいの費用がかかるのか、事前に調べておくことは大事です。

また、保険が適用になるのとならないのとではかなりかかる費用も違ってきます。その点についても調べておきましょう。

 

保険適応だが費用はかなり高めとなっている

リンパ浮腫治療というと、大きく分けて4つの治療法があると言われています。どれを選択しても構いませんが、症状の程度によっては選択できない治療法もあるので気をつけなくてはなりません。

通常、自身で選択するのではなく、主治医に勧められた治療法を選択することが多くなっています。その治療法の中でも、リンパ節移植術を選択することになった場合、どのくらいの費用がかかるのか気になる人はいることでしょう。

どの治療法を選択するにしても、ある程度の費用はかかります。治療は保険適用となることもあるので、少しでも安く費用を抑えたいのなら保険適用かどうか調べてから受けた方がいいかもしれません。

リンパ節移植術は医療機関で受けられるようになっています。一般的には入院が必要です。病院によって異なるものの、だいたい一週間から10日間程度の入院治療となっています。

そのため、トータルでどのくらいの費用がかかるのか調べておきましょう。一応、保険適応の治療法ではあるのですが、トータル費用はかなりかかると言われています。目安として30万円以上と念頭に置いておいた方がいいかもしれません。これだけ費用をかけてじっくりと治療をするのなら根治するのではないかと期待する人もいることでしょう。

ところが、この治療法での根治は難しいと言われています。それでも手術を受けないことには症状がどんどん悪化してしまうため、受けないわけにはいきません。

 

治療の特徴についてしっかり把握しておこう

リンパ浮腫治療を行うにあたって大事な点は、どんな治療法があるのか、それぞれの特徴について把握しておくことです。リンパ節移植術を受けることになったとしたら、これについて詳しく調べておきましょう。

インターネットでも情報を収集することは可能です。まず、リンパ節移植術というのはリンパ管の機能を回復させるための手術だということを把握しておきましょう。

また、この手術はどこの医療機関でも受けられるわけではありません。専門の医療機関を探すことになります。都心の大学病院などで受けられるので、情報を調べておきましょう。手術そのものも難しく、高度な技術が必要です。もちろん、専門的な知識も必要となります。だからこそ専門医のいるところではないと安心して手術を受けることはできないのです。

どのようにして手術をするのかというと、リンパ管から漏出したリンパ液を移植するというものになります。これを健康なリンパ節に吸収させるのです。こうして破裂したリンパ管の代用機能が期待できるようになります。ただし、この手術をしたからといって、将来的にリンパ管の破裂を防げたというわけではありません。よって根治ということにはならないのです。その点は念頭に置いておきましょう。

メリットとしてはリンパ管の機能が回復するといった点が挙げられます。この手術は比較的新しいので、一部の大学病院などでしかまだできません。今後さらにその進化が期待できます。一方、デメリットとしては根治を目指す人には向いていないという点が挙げられるでしょう。術後も多くの患者さんが理学療法や再手術を受けています。そして、大きな傷跡が残ってしまうという点もデメリットに感じられる人もいることでしょう。

 

専門医に診てもらうことが何よりも大事

リンパ浮腫治療はどこでも受けられる治療ではないので、まずは専門医を見つけることが大事です。特に、リンパ節移植術は高度な手術になるため、其道の権威にお願いすることになります。

どこの病院に専門医がいるのか、インターネットで調べたり、通院している主治医と相談したりして見つけることが大切です。また、保険適応であっても相当な費用がかかることから、その費用の捻出にも追われることになります。

入院治療にもなるので仕事や家庭への配慮なども忘れてはなりません。周りの協力も必要になるので、着々と手術を受ける準備を進めていきましょう。

状況によっては再手術をすることもあるため、費用はさらにかかることもあります。仕事をしている人は長期休暇を取ることも想定しておいた方がいいかもしれません。

 

リンパ浮腫治療の中でもリンパ節移植という治療法は費用が高めだと言われています。保険適用となれば多少は安くなるはずです。しかし、適用であっても他の治療法に比べると高めなのです。

そのため、経済的負担が大きく、この治療法を選択するとなると大変な思いをする人も少なくありません。また、治療内容や特徴についてもしっかり調べておきましょう。納得した上で治療を受けることが大事です。そのためにも専門医に診てもらうことをおすすめします。