Skip to content

リンパ浮腫を完治させる方法はある?


リンパ浮腫とは何らかの原因でリンパ管が詰まってしまい、リンパ液の流れが悪くなることによって起こるむくみです。むくみが翌日まで持ち越され、腕や脚がどんどん太くなる症状が出たら、治療が必要になります。生まれつきリンパ管の形成不全や機能障害がある場合と、がん治療などの外科手術でリンパ管を切除してしまったために起こる場合があります。完全に治療するためには、どうすればいいのでしょうか。

 

 

圧迫する、マッサージ、スキンケア

リンパ浮腫はいったんなってしまうと治すのが難しい厄介な病気です。患者の9割以上が女性で、日常生活が困難になるのとともに、腕や脚が膨れ上がるなど外見が大きく変わってしまうために、精神的な苦痛を伴います。治療は早期に行うほど悪化を防ぐことができます。

治療法には二つあります。保存的治療と外科的治療です。保存的治療は良く行われる治療です。弾性ストッキングや弾性スリーブを身に着けることで、むくみのある部分を圧迫して、リンパ液が溜まるのを防ぐこと、リンパ液の流れが良くなるようにマッサージを行ったり、むくみによって傷つきやすくなった肌をケアをすることなどです。この治療方法は、むくみの原因であるリンパ液の流れをよくして、これ以上悪化することを防ぐことはできます。ただ、リンパ管の流れは悪いままなので、なかなか完治するのが難しいのです。保存的治療法で完治しなかった場合は、もう一つの治療法を行うことになります。それは外科的治療です。手術によってリンパ液の流れる道を作ってしまうのです。

リンパ管と静脈をバイパスでつなぐ手術

リンパ管静脈吻合術は、溜まったリンパ液を静脈に流すためのバイパスを作る手術です。リンパ液はリンパ管を通って、心臓近くの静脈まで流れるのですが、リンパ管が詰まってしまうと、リンパ液の流れが悪くなり、どんどん溜まってむくみとなって表れます。そこで、リンパ管が詰まっている部分よりも先の静脈へと管をつなげて、そっちにリンパ液が流れ込むようにするのです。

これでむくみが完全に治るように思えますが、バイパス手術は思うように効果が出ないこともあるのです。まず手術前にしっかりと圧迫によってむくみを減らしておかないといけません。手術をしただけでむくみがいきなりすっきりするわけではないのです。手術前、手術後も圧迫による治療を受けて、リンパ液の流れが良くなるようにしないといけません。手術後に圧迫治療を受け続けたことで、完治する患者さんもいらっしゃいます。リンパ管と静脈をつなぐ手術は、早期の症状を手術で治療するときに使われる方法です。

手術してすぐに細くなるわけではない

もう一つの方法は脂肪吸引手術を受けることです。美容整形でよく言われる手術です。むくみのある部分の皮膚の下から、むくみの原因を直接吸い出してしまうのです。手術後に目に見えて細くなります。しかし、脂肪吸引手術を受けることによって、ただでさえ流れの悪いリンパ管を傷つけてしまって、リンパの流れがますます悪くなることがあります。

リンパ管を傷つけない脂肪吸引手術として、ベイザー波という超音波を使って組織を溶かし、リンパ管を傷つけずにむくみの原因だけを吸い出すという手術もあります。しかし値段が決してお安くないので、治療費としては厳しいです。脂肪吸引手術はリンパ管静脈吻合術の後に行うこともあります。リンパ液の流れる道を作っただけでは、いったんむくんだ腕や脚が劇的に細くなることはないのです。

むくみが進行すると、むくんだ部分に脂肪組織が発生してよけいに患部が膨れ上がります。溜まったリンパ液は脂肪が増えるのをうながす働きがあるのです。脂肪組織はリンパ液の流れをよくしてもなくならないので、脂肪吸引手術を行うことで見た目の改善を行うことになります。

最後の手術はリンパ管移植といって、健康なリンパ管を他の部分から持ってきて、つまっているところに移植する手術です。重症になると、リンパ管と静脈の接合手術をしても、リンパ液が流れません。そのため、よそから健康なリンパ管を持ってきて、リンパ液を流す機能を回復させるのです。この手術を受けても必ず治るわけではありません。期待通りの効果が得られないこともあります。感染症による炎症をくりかえすと、むくみが悪化してしまって、簡単には治せない状態になります。むくみの進行度によって治療法が変わります。リンパ管移植は病状がかなり進行してしまったときの治療法になります。

むくみの治療は進行が進むほど困難になります。何度も炎症をくりかえして悪化し続けたむくみの中では、リンパ液が皮膚の下の組織を変質させてしまっています。一度変質した組織はもう元には戻りません。さらに進行すると、皮下組織だけではなく皮膚まで異常が現れます。皮膚がかたくなる、色素沈着がおこる、毛深くなる、角質が増える、脂肪が沈着するなど、様々な症状が出てきます。

 

リンパ浮腫の治療方法は、弾性着衣での圧迫治療、マッサージ、スキンケアなどの保存的治療と、リンパ管と静脈をつなぐ手術、脂肪吸引、リンパ管の移植手術などがあります。治療は早期に行うほど、結果が良くなります。何かちょっとでもおかしいなと思ったら、すぐに医師の診察を受けて治療を開始するのがベストです。翌日に持ち越される治らないむくみに気が付いたら、すぐに病院で見てもらうようにしてください。