がんの治療後のリンパ浮腫を治療するために知っておきたい4種類の方法

リンパ浮腫治療にマッサージは有効か?

リンパ浮腫治療にマッサージは有効か?皆さんは「リンパ浮腫」という言葉を聞いたことがありますか?

浮腫と聞いて浮腫みかなと想像できる人も居るかもしれません。
リンパ浮腫とは特定のがん治療により、手術でリンパ節を取り除いたり放射線治療をすることによって現れます。
発症のメカニズムは分かっておらず、乳がんや子宮がんに前立腺がんや皮膚がんなどの特定疾患による治療の後遺症で腕や脚がむくんでしまいます。

私たちが通常知っている浮腫みも同じようにリンパ液が滞る事で浮腫みは発症しますが、このリンパ浮腫は生涯にわたって腕や脚がむくんでしまうのです。
痛みなどの自覚症状がないまま徐々に進行し、気が付いたときには足がむくんで象のようになっていたという人もいます。
リンパ浮腫になってから靴や服に困っている、歩くことも困難で調理やボタン掛けなど日常生活にまで影響すると言われています。
では、このリンパ浮腫を改善する方法はあるのでしょうか?

 

マッサージでリンパ浮腫の症状を軽減する事も

リンパ浮腫を改善する方法として、複合的治療というものがあります。
複合的治療とはスキンケアやリンパ誘導マッサージ、圧迫に圧迫下での運動療法の4つがあります。
この中にもリンパ誘導マッサージというものがありますが、マッサージもリンパ浮腫の症状を軽減する事はできます。

 

〇リンパ誘導マッサージとは?

私たちの皮膚のすぐ下にはリンパ管があります。
このリンパ管は強い力でマッサージをするとつぶれてしまい、マッサージ効果が半減してしまうため優しくゆっくりとしたマッサージを患者さんへ行います。
マッサージを受けたことがある人で、痛くて飛び跳ねそうになったという経験はありませんか?

あの痛みが強いマッサージはむしろ体へストレスを与えてしまい、決しておススメとは言えません。
また、通常のマッサージとリンパ浮腫のマッサージは少しちがいます。

私たちの体にはリンパ節というものがあります。
リンパ節は主に鼠蹊部や肘に膝裏、足の甲に鎖骨などにあります。
リンパ誘導マッサージはリンパドレナージと言われており、エステでもリンパドレナージを行っているサロンがあるため、聞き覚えがある人も居るのではないでしょうか。
顔のリンパに沿って機械を優しく当てて、撫でるように行うかと思いますが、リンパ浮腫の患者さんに行うリンパドレナージとは手を使って撫でるように行う方法です。

 

〇リンパ浮腫療法士

このマッサージを行う人はリンパ浮腫療法士の資格を持った医療重視者です。
日本ではこの資格を持っている職業は主に看護師、次に理学療法士です。
以前はあん摩マッサージ指圧師や医師に看護師と対応する職種がバラバラでした。
そこで、リンパ浮腫療法士という専門の職種を設け、施術をする人の職種を統一しました。

リンパマッサージは心不全など心疾患がある患者さんや高齢者、甲状腺に腎臓など特定の疾患がある患者さんはマッサージを受けることが出来ませんが、それ以外の方で重症なリンパ浮腫患者でなければ受けることが出来ます。
また、最近ではある条件がそろった施設では保険適用でこの治療を行うことが出来ます。
40分ほどのマッサージで、浮腫んでだるい脚や腕の症状を軽減することが出来ます。

 

〇セルフケアでのマッサージ

また、セルフケアでのマッサージも指導しています。
セルフケアとは自宅にいながら自分で浮腫みを改善する事です。
指導内容として肩回し10回や鎖骨の上のくぼみを10回押すこと、おしりの横から下半身に向けて優しくさするなど、

基本は回す・押す・さするなど、

簡単に行うことが出来ます。
注意点としてはやればやる程効果があるという訳ではありません。
やりすぎは炎症を起こしたり浮腫みを悪化させる原因となるため、リンパ浮腫療法士の指示に従い、決められた回数を毎日地道にこなすことが大切です。

 

〇体重管理
また、肥満の人は体重管理も提案されます。
塩分の高い食事を好んでいる人はむくみやすい傾向にあります。
食事は野菜を中心にバランスよく食べるようにしましょう。
また、浮腫んでいるからと言って運動は控えるのもいけません。
私たちの皮膚のすぐ下にはリンパ管があり、ずっと同じ姿勢のままだとリンパ液が滞ってしまい浮腫みの原因になってしまうからです。
そのため、30分の軽いウォーキングを取り入れるなど適度に運動をするようにしましょう。

 

無理せず自分のペースで行いましょう

普段の生活の中でむくみやすい人がいるかと思いますが、毎日同じという訳ではなく症状が良い時と悪い時があるかと思います。
リンパ浮腫の患者さんも同じです。
その日の体調もあるため決して無理をせず自分ができる範囲で体を動かしたりマッサージをするようにしましょう。
全く体を動かさないと浮腫みはひどくなるため気を付けましょう。
生涯付き合っていくものだからこそ、セルフケアでマッサージをしたりリンパ浮腫療法士さんの元へ行きマッサージをして貰ったり辛い症状をすこしでも軽減するようにしましょう。

サイト内検索
治療法一覧
VASER超音波リンパ浮腫根治術
リンパ節移植術
LVA(リンパ管静脈吻合術)
保存療法(圧迫療法/マッサージ療法)
記事一覧