Skip to content

リンパ筋移植術のメリットとデメリットは?安全に行われる?

リンパ浮腫になった場合は、その状態に合わせて正しい治療を施すことによって症状の軽減ができ、悪化を防ぐことが期待できます。

一般的にはリンパ浮腫治療としては圧迫療法やリンパドレナージなどの保存的療法が多く行われていますが、外科的な治療も行われています。

 

リンパ浮腫とはどう行った症状か

人間の体の中には無数の管が存在しており、その管があるので上手に体の中で体液を移動させることができるようになっています。しかし、その管の機能がなんらかの理由で低下してしまったり阻害されてしまったりすると、体液の流れも滞ってしまいます。

リンパ管の流れが悪くなってしまった場合は、リンパ液の流れが悪くなり滞ってしまうことで浮腫が出て来ます。このようにリンパの流れが良くないということが原因で発生するものをリンパ浮腫と呼んでいます。

一度発症すると完治させることは難しく、さらに徐々に悪化していってしまうので、その状態に合わせて適切な処置をしなければなりません。現在、治療としては圧迫療法やリンパドレナージと言われる保存的療法が一般的には行われています。

しかし症状が重い場合などはなかなかこの方法では対応することができず、結果的に外科的な治療を行わなければならない場合もあります。外科的な治療としてはリンパ管静脈吻合術やリンパ筋の移植手術が行われており、症状の改善が図られています。

 

リンパ筋移植手術を行うメリット

リンパ浮腫は時間が経過すると徐々に悪化してしまい、人によっては蜂窩織炎などを発症してしまうこともあります。蜂窩織炎の発症を繰り返すと、よりリンパ浮腫の状態が進行してしまうことがあるので注意しなければなりません。

また、リンパ浮腫治療として手術をする場合、リンパ管静脈吻合術を行うことも多いのですが、症状が進行しているとこの手術を行なっても効果が期待できない場合もあります。その際は、障害が起きていない健康奈状態のリンパ筋などを移植することで、リンパ管の機能を回復させることを目的として行う手術を行います。

移植手術を行う大きなメリットは、なかなか改善されることがないリンパ浮腫の改善を図ることができるということです。また、手術をした後に圧迫療法などを併用して対処していくことによって、リンパ浮腫の状態を改善することも期待できます。

だから、なかなか症状が良くならないというときでも、改善を図ることができるというメリットがこの手術には存在しているといえます。

 

メリットだけでなくデメリットも存在

実際にリンパ浮腫治療の際は外科的な手術を行うというのも必要に応じて行われている状態となっています。リンパ筋の移植自体は機能が低下しているものを状態の良いものに変えることができるので、症状の改善を図りやすくなるというメリットがあります。

しかし、実際にはメリットだけでなくデメリットも存在しているので、その点には十分気をつけなければなりません。まずそもそも、この手術自体はリンパ管静脈吻合術に比べるとリスクが高いという点を挙げることができます。

リンパ浮腫の改善には繋がりますが、決して簡単に行うことができる手術というわけではないので、その点を理解しておきましょう。また手術をすれば完全に良くなるというイメージを抱かれてしまうこともありますが、100%良くなるとは限りません

実際にリスクを冒して手術をしたにもかかわらず、結果的にはあまり症状が改善されなかったということもありうるからです。つまり、手術をする前に期待していた状態に持っていくことができず、結局は手術前とあまり変わらないということもありうるということです。

だから、実際に手術を受ける際は絶対にうまくいくとは限らないということも十分理解した上で手術を受けなければなりません。

 

リンパ浮腫はリンパ管の流れが阻害されてしまうことによって浮腫を発症してしまう症状のことを言います。そのままにしておくと徐々に悪化してしまうので適切な処置を施すことが重要となっています。

圧迫療法やリンパドレナージといった方法が行われることもありますが、それらの施術ではあまり改善が図れないというときは、外科的な手術を行います。外科的な手術としてはリンパ管静脈吻合術などが行われていますが、この手術でも良くならないということもあります。

その際はリンパ筋の移植手術なども行われており、その人の状況によって色々な方法で対応している状態です。移植するメリットは、健康な状態に戻しやすいので、術後にその状態の改善が期待できるということです。

しかし実際に手術をしてもなかなか改善が期待できない場合や、全く変化がないということもあり得ます。また実際に期待できる効果に比べてリスクが高いというのも、この移植手術のデメリットだと言っても良いでしょう。

したがって、リンパ浮腫治療で外科的な手術を行う際は、決して簡単にできるとは限らないということや、メリット、デメリットがあることを理解しておくべきです。また、外科的手術だけでなく実際にはその後圧迫治療なども必要となる場合も少なくないので、その点の理解も深めておきましょう。