Skip to content

リンパ節移植術は入院をしなければならない?

リンパ浮腫治療についてよく知っている人はあまりいないかもしれません。

自身がこの病気だったり、身近な人が発症していたりしないことには情報を収集することはあまりないことでしょう。

例えば、移植手術をすることになったとしても通院治療が可能かどうか分からないという人もいるはずです。

そんな細かな情報について調べてみましょう。

 

どんな治療法があるのか調べてみよう

 

リンパ浮腫治療というとどんなものがあるのか、知らない人は多いことでしょう。例えば、移植をすることになった場合も通院で可能なのか気になる人は多いはずです。

そこでまずはどんな治療法があるのか調べることをおすすめします。インターネットでもある程度の情報は簡単に収集できるので、インターネットも存分に活用してみましょう。

リンパ浮腫治療についてまとめたサイトも多数存在しています。大まかに見てみると、リンパ浮腫治療には四つの治療法があることが分かります。

一つ目は超音波を使った治療法です。二つ目はリンパ節移植術が挙げられます。三つ目はリンパ管静脈吻合術、そして四つ目が保存療法になります。

通常、この四つの中から選択することになるのです。その中で通院治療が可能なものはどれか、入院しなくてはならない治療法はどれか、調べてみましょう。

もちろん、それぞれの特徴を知ることも大切です。例えば、三つ目のリンパ管静脈吻合術は保険適用となることから、一度の手術で済んだ場合、経済的な負担が少ないところが特徴的です。

治療費を安く抑えたい人にとっておすすめの治療法といえるでしょう。また、治療法によってはメリットもあればデメリットもあります。

メリットが多い治療法を選択した方が安心ですが、デメリットはどれにも少なからずあるものです。どの点を重視するかよく吟味してみましょう。

 

治療法によって通院治療も可能なこともある

 

リンパ浮腫治療法が大まかに分かったら、今度はそれぞれの詳細をしっかり把握することが大切です。一つ目の超音波リンパ浮腫根治術はリンパ浮腫の再発や悪化、リバウンドがないと言われています。

そのため、この治療法を選択する人が多くなっています。しかも、日帰りで手術を受けられるのです。

入院したくないという人にとってもおすすめの治療法と言えるでしょう。入院が必要になるのは二つ目のリンパ節移植術になります。

こちらは手術の傷跡が残るというデメリットがありますが、三つ目のリンパ管静脈吻合術ができない人でも受けられる治療法です。入院期間は一週間から10日程度となっています。

三つ目のリンパ管静脈吻合術は一週間程度の入院で、主に早期のリンパ浮腫の方に向いている治療と言えます。症状が軽度の場合、一度の治療で完治することも可能です。

そのため、症状が軽度の人によく勧められています。傷跡は小さく済ませられますが、傷跡の数が増えてしまうというデメリットがあります。そして四つ目の保存療法は入院不要です。

患部を圧迫してマッサージを行うという治療法になります。一見、保存療法であり、これが一番簡単で負担が軽いと思われる人もいることでしょう。しかし、完治することは難しいと言われています。

比較的、初期治療として選択される方法であり、リンパの流れを促してむくみを改善することが目的で行われることになっています。このように、それぞれ特徴があるのでしっかり確認してみましょう。

メリットもあればデメリットもありますが、誰でも自由に選択できるわけではありません。症状が軽度の人に向いているもの、向いていないものというように分けられています。

主治医の指示を十分聞いて選択することが一番です。軽度の場合はいくつか選択しやすくなっていますが、重度になってしまうと選択肢も狭まってしまいます。

 

病気の内容についてしっかり把握しよう

 

リンパ浮腫治療にはいくつかの種類があることが分かっても、そもそも、この病気について詳しく知っていないことにはどの選択肢が適しているのかも分かりません。

インターネットの情報や主治医からの情報などを取り入れて、詳しく把握することが大切です。リンパという言葉が付いているとおり、リンパ浮腫はがんの治療そのものをするわけではありません。

がんの治療によってリンパ管などが損傷することがあります。これによって、リンパの流れが悪くなってしまうのです。そのため、リンパの流れを促すことが重要となってきます。

リンパの流れが悪いとむくんでしまうこともあるでしょう。人によってはむくみに気づかないこともあります。早い段階でむくみに気づき、すぐに治療を始めれば完治も可能です。進行してくるとむくみがどんどんひどくなってしまいます。

例えば、脚がパンパンに膨れて太くなってしまったことで、ようやくこの病気に気づくという人も少なくありません。それに、むくみが生じると体が重たく感じられたり、だるさが続いたりするようになります。

このような症状は他にも様々な病名を思い浮かべる人もいることでしょう。よって、なかなかリンパ浮腫という結論にいきつかないこともよくあるのです。何となく体の調子がおかしいと思ったら、すぐにでも病院で検査を受けてみましょう。

重症化してしまうと移植手術が必要になったり、入院治療が必要になったりして期間も費用もかなりかかってしまうことになります。また、むくみを改善すればいいというのなら、自分でマッサージをすればいいのだろうと思ってしまう人もいます。

しかし、正しいやり方ではないと改善しません。症状を食い止めるためには専門医による治療ではないと完治するものも完治しなくなってしまいます。

 

上記のとおり、リンパ節移植術は入院をしなければなりません。しかし、そのほかの治療を選ぶ場合その限りではありません。

選択する治療法によって通院治療でも可能というものもあるのです。多くの人は、できれば入院はしたくないと思うことでしょう。しかし、通院治療をするにしても病院が遠いと通うのも大変です。

もちろん、治療をして完治することが一番なので、自身に合った治療法を選択する必要があります。その中にはどうしても入院治療ではないといけないものもあるので、よく吟味して選びましょう。