Skip to content

プールでリンパ浮腫の治療ができる?


癌の手術を受けた後などによく起こるリンパ浮腫はむくみが続くという症状が中心になる病気で、ひどくなると足や腕が重く感じ生活に支障をきたします。
この病気はリンパ液の流れが悪くなり一部分に溜まってしまうことでむくみを引き起こすものです。
むくみを軽減させるためには、リンパ液の流れが良くなるように圧をかけることが大切でプールで歩くことも治療のひとつになります。

 

浮腫が起こる原因を知ることで対策ができる

リンパ液は全身にあるリンパ管という場所の中を流れています。血液と似ていますが、血液よりも成分はうすく、赤血球や白血球は含まずに血漿成分からなるものを言います。そのためサラサラとした性状をしており流れやすいという性質があります。

しかし血管のように心臓の拍動で押されて流れているわけではないので、すぐに一か所に溜まりやすく、簡単むくみを引き起こしてしまいます。一日中立っていると足がむくむのも、リンパ液が足先に溜まってしまったことで起こるもので、一晩寝ればリンパ液が元のように流れるようになりむくみは解消します。

このようにリンパ液はその時によって変動が激しく、簡単にむくみを起こしてしまいます。浮腫を起こさないようにするには同じ姿勢を長く続けないようにしたり、運動をすることです。重力がかかった状態では足元など下にある部位にリンパ液がたまりやすくなるので、できるだけ足を上にあげたりして、下に向けないような姿勢を取り入れることが効果的です。

また運動をして体を動かすことは、筋肉の力でリンパ液の流れを良くします。筋肉を使った動きを行うと、筋肉が収縮して体に圧をかけることになります。その力でリンパ液が押されて流れを促進させます。

 

水圧を利用した治療のやり方と注意点

圧をかけてリンパ液の流れを良くする方法は、他にも水圧を利用したものがあります。水の中に入ると水の圧がかかり、それでリンパ液の流れを良くすることができます。水の圧は深くなるほど強くなるので、水の中で歩くだけで足先から上に向けてリンパ液が流れやすくなります。また水の中で歩く時には水の抵抗に逆らって動く必要があるため、筋力も使わなくてはいけません。それにより、筋肉に体が押されてさらに圧が強くなります。

しかし注意をしておかないといけないことは、ハードな運動を行ってしまうと浮腫をひどくしてしまう恐れがあるということです。疲れすぎるほどに体を動かすことは治療としては逆効果になってしまうことがあるので十分に注意しておきましょう。プールの中で水圧を利用した治療を行う時には、足や腕を動かすという動き以外にも、マッサージを併用すると効果がしっかりと出ます。

マッサージは元々リンパ液の流れを良くする効果のあるもので、上手に行うとかなりメリットの大きい治療法です。水の中では皮膚の摩擦も小さくなりマッサージを行いやすくなるので、同時に行うのに最適な治療法でもあります。マッサージは手で行うものが中心になりますが、水圧を利用したものもあります。気胞状の噴流がでるものを使えば水が当たる時の圧がマッサージ効果を出すことができます。水の中を歩く治療を行う時には、こういった設備がついているところが多くあるので、上手に利用していくと良いでしょう。

 

浮腫を軽減させるための他の治療法

浮腫を軽減させるための治療法で最もよく行われているものが圧をかけてリンパ液の流れを良くするものです。水の中を歩くという方法以外ではマッサージや圧のかかる衣類を着用するという方法もあります。これらの治療法のメリットは誰でもすぐに行うことができるということと、副作用の心配が少ないということです。簡単に行えるものでありながら、効果を出すことができるので、こまめにこれらの治療を行っていけば、浮腫がひどくなることを予防できる効果が期待できます。

しかしこれらの治療は全て浮腫を治すわけではなく、浮腫を軽減させるために行うものです。そのため、治療を行った後は症状が軽減したとしても、その後に再び症状が戻ってしまいます。根本的に原因に対する治療を行っているわけではないので、浮腫が出ている期間は常に治療を続けなくてはいけません。

これに対して浮腫が起きている部位のリンパ液を吸引して浮腫をとる方法は再発の予防も行うことができます。まずリンパ液と脂肪を吸引して浮腫をとり、さらにリンパ液が漏れだしている部分に圧を加えて、今後リンパ液がでてこないような治療を行います。こうした治療を行っておけば、その後浮腫が再発することもなく、安心して生活が送れます。

 

リンパ浮腫の治療法には色々なものがありますが、水の中で体を動かすという治療法は体を動かしてストレスを解消しながら行える治療法のひとつです。運動をする習慣がない人でも、体に負担をかけることなくできるので、どんな人でも行えるというところもメリットでしょう。
また同時にマッサージを併用することで効果をさらに高めることもできます。しかし、水の中を歩くという治療は根本的な治療になるわけではないので、もし原因から治療を行いたいという時には、手術をする方法もあることを覚えておきましょう。日帰りの手術を行うだけで、再発を防ぐこともできる優秀な治療法です。