Skip to content

がんとリンパの関係性はある?

がんとリンパの関係性はある?リンパは人間の免疫機能の一つです。
リンパに病原菌などが侵入するとリンパ節でこうした体に害のある異物をせき止めて除去していくことになります。
このようにリンパは健康維持には欠かせないものですが、実はがんはリンパとの関係が深いことはあまり知られていません
例えば、リンパが原因で発生するがんもいくつもあります
リンパ経由でがんが全身に広まっていくなんてこともあるので気をつけておきたいものでもあります。
このようにがんとリンパの関係も深いものですが、ここではそんながんとリンパについてより詳しく見ていきましょう。

 

リンパとがんの関係について

リンパとがんは無関係のように思えて関係が深いものです
例えば、リンパに痛みがあるという場合にはがんの可能性があります。
例えば、内臓がんや白血病などがこうしたリンパの痛みを引き起こしている可能性があるのです。
このため、リンパに痛みがある際にはがんの可能性を疑ってみるのも良いでしょう。
このようにがんが原因でリンパが痛む場合には全身のリンパが痛んだり腫れてくるのも特徴になっています

 

○リンパ経由でがんが全身に広まってしまうということも

また、リンパ経由でがんが全身に広まってしまうということもあります
これも知っておきたいことの一つです。
リンパは全身を流れていますから、リンパ経由でがんが広まると全身にがんが広まることもあります。

 

悪性リンパ腫瘍

そもそもリンパそのものからがんが発生することも
これを悪性リンパ腫瘍と呼びますが、特に要注意の症例です。
これは病原菌などを退治してくれるリンパ球ががん化してしまうものであり、症状も悪化すると死亡することもある危険な病気です。
この悪性リンパ腫瘍が生じた際には腫瘍ができますからこれによって見分けることもできます。
もしも悪性リンパ腫瘍になってしまったら早めの対策も必要です。

 

このようにリンパとがんは関係がないように思えて実はかなり関係が深いものです。
リンパに痛みがある際には最悪の場合にはがんであることもあるので気をつけておきましょう。
リンパそのものががん化する悪性リンパ腫瘍も押さえておきたいものです。
基本的にリンパに痛みが生じたら放っておかずに対処しておくのが大事でしょう。

 

リンパ絡みのがんを予防する方法は?

紹介したようにリンパとがんの関係は深いもの。
特にリンパ経由でがんが広まってしまうこともあるのは怖いところでしょう

 

○防を重視低奥ことが一番大事

このようなリンパ絡みのがんが怖いという場合にはやはり予防を重視低奥ことが一番大事です。
もしもがんになってしまうと対処も一気に困難になりますから予防をして最初にがんにならないように心がけましょう

 

○リンパの流れを良くするようにすること

そんな予防法として実践しておきたいことはいろいろとありますが、まずはリンパの流れを良くするようにすることが大事です
リンパの流れが良ければがんになることも少なくなるだけでなく、免疫機能が向上する・むくみやしこりも少なくなるといった利点もあるのです。

具体的なリンパの流れを改善する方法ですが、これは実はいくつもあります。

 

○食事面

例えば、食事の点から改善を図っていくことです。
例えば、リンパに良い食べ物としては魚類野菜豆類などがありますから、意識してこういった食事に切り替えていくと良いでしょう。

リンパに悪いアルコールなどは摂取しないように努めることも必要です。

カフェインもリンパには悪い影響をあたえるので摂取を控えるのがおすすめです

このようにリンパに悪い食品は一般的に体に良くないのでこの機会に摂取を考えなおすと良いでしょう。

 

○運動の習慣をつける

他に、運動習慣を構築するといったことも効果があります。
運動をしていれば他の病気も防ぎやすくなるために運動不足な場合には運動を始めてみると良いでしょう。

こうした対策をしていくとともに一般的ながんを予防する対策もしっかりしておきたいところです。

 

○がんを防いでいくためにも規則正しい生活

例えば、がんを防いでいくためにも規則正しい生活をしていくように心がけると良いでしょう
がんを防いでいくためには健康に悪い食品の摂取を控えるといったことも必要になってきます。
このような対策は面倒に感じるかもしれませんが、一度がんにかかると取り返しがつかないのです。

 

○早めの治療を

がんの徴候に気づいて早めの治療をしていくことも大事です。
早期に気付ければがんの進行も最小限に抑えられます。
例えば、リンパの悪性腫瘍の兆候としてしこりやむくみなどがあります。
こうしたものが生じたら気をつけておくと良いでしょう。
他に、腫瘍が生じたら例え小さくとも早めに診察してもらうのが必要です。
腫瘍が生じたら必ずがんということは決してありませんが用心しておくに越したことはありません。

 

○リンパが痛んだらしっかり対応

結論としては、リンパが痛んだら軽んじずにしっかり対応していく事が大事でしょう。
リンパの痛みは放って置かれることもありますが、最悪の場合にはがんが関係していることもあるのです。
逆にリンパの痛みにしっかり注意を払えばがんに気付きやすくもなってきます