Skip to content

浮腫とたるみはどういう関係がある?

たるみというのは、筋肉が衰えてしまったことによって発生する場合などがありますが、浮腫とも大きく関係しています。

ただ、その関係自体はあまりよく知られておらず、よくわからないという人も決して少なくありません。

正しく対処するためにもそれぞれの関係をよく理解し、さらにその対処法なども合わせて理解しておくと良いでしょう。

 

浮腫自体は体に余分な水分がたまっている状態

本来人間の体は正しい水分バランスがキープできるようになっているため、過剰に浮腫んだりしてしまうということはありません。しかし何かが原因で毛細血管から沢山の水分が滲み出てしまうようになると、細胞間質の水分量が増えてしまい、浮腫につながります。

また細胞間質液から血管に戻る水分の量が減ってしまう時にも、同様に浮腫が発生するので注意しなければなりません。もちろん浮腫むこと自体は決して珍しくなく、夕方に靴下の跡がついてしまうという場合もありますが、これに関しては過剰に心配する必要はありません。

しかしリンパ管が手術などによって詰まってしまったがために浮腫が発生することもあるので、その場合は注意した方が良いでしょう。リンパ浮腫自体は決して珍しくなく、がん治療を受けた人の場合は発症する確率が少しアップするので注意が必要です。

ただ放置しておくと状態が悪化してしまいかねないので、なるべく早い段階で治療を行うようにしなければなりません。まずは医療機関で判断してもらい、適切な処置を受けること、さらに体重管理をするために食事や運動に気をつけるようにします。

またリンパドレナージを利用したり、圧迫療法などを採用して対処することもできるようになっているので、その状態に合わせて治療を施します。

 

たるみとは一体どういった状態のことか

本来は引き締まっていなければならない箇所でも、何かが原因でたるみを発生してしまうということは珍しくありません。この原因としては加齢だけでなく、出産、さらに急激に体重が減ってしまう時などにも発生するので注意が必要です。

たとえば加齢が原因の場合はコラーゲンなどが減少していることが大きく関係しており、さらに筋肉の減少もその状態に影響を及ぼします。たるみ自体は目元、二の腕、太ももなど特定の部位に発生することが多くなっていますが、あまり目立たない部位だけがたるんでしまうということもあり得ます。

このような状態にならないために必要なのは、紫外線から肌を守るようにすることや、タンパク質を摂取することを心がけること、さらに適度な運動を行うことなどです。筋肉が減ってしまうということが大きく関係している場合も多々あるので、自分の体の状態に合わせた運動を心がけるのも良いでしょう。

 

浮腫とたるみの間にある大きな関係

浮腫自体は体の中に余分な水分がある状態のことですが、その原因としては運動不足や加齢が挙げられています。運動不足や加齢によって筋力が低下したり柔軟性が低下すると、リンパ節が詰まった状態になりがちです。

また、リンパの流れが滞ってしまうことによって、水分を上手に排出できなくなり、結果的に水分がたまった状態になってしまいます。最初はただ単に浮腫んでいるだけの状態ですが、いずれたるみに変化していく可能性は決して否定できません。

つまり、浮腫とたるみというのは両方とも筋力低下や水分の停滞などが大きく関係しており、リンパの流れもその発生に大きな影響を及ぼしています。つまり、換言すれば、リンパの流れをよくすることができれば、浮腫やたるみを解消することが期待できるというわけです。

もちろん一度発生してしまったものを治すのはなかなか大変な場合もありますが、絶対に治らないというわけでもありません。したがって、リンパ浮腫治療を正しく行うことによって、気になるところに発生していたたるみも次第に良くなっていく場合があります。

 

浮腫というのは体内の水分バランスが崩れてしまうことによって、体の各部分に水が滞った状態のことです。筋力の低下や柔軟性が低下することによってリンパの流れが滞ったり詰まってしまったりすることも大きく関係しています。

またそのままの状態で放置しておくとどんどん状況は悪化し、結果的にたるみになってしまうことも珍しくありません。したがって、これらの状態を解消するためにはどのような特徴があるのか、さらに何が原因になっているかを明らかにすることが重要です。

また、がんの治療などをするとその後発生することが多く報告されているリンパ浮腫ですが、その治療を行うとたるみが解消することがあります。実際の治療ではリンパドレナージュを行なったり、圧迫治療を行なったりするのが一般的ですが、まずは状況に合わせて対応します。

リンパ浮腫自体は発生するとなかなか良くなりづらいと言われることも少なくありませんが、絶対に良くならないわけでもありません。したがって、適切な治療を行うことによってリンパの流れを改善することができると、自然とたるみや浮腫が解消されていくということもありえます。