Skip to content

リンパ浮腫の症状はどのようなもの?

リンパ浮腫は、がんの治療後の後遺症として、よくみられる症状です。乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療後に起こります。がんの外科手術で、リンパ管を切除することが原因です。

また、放射線治療の影響でリンパ液の流れが悪くなることもあります。がんの治療後の後遺症で起こった場合は、「二次性リンパ浮腫」といいます。がんの外科手術は、腕の付け根や、足の付け根にあるリンパ管を切除してしまいます。リンパ管を切除した部分のリンパ液は流れが悪くなって、腕や脚にたまっていきます。

体の中では血液が血管の中を流れて、血管の先に行くにつれて、細かく枝分かれして毛細血管に入っていきます。毛細血管ではほとんどの水分は静脈に入ります。血液中のタンパク質などの物質は、リンパ管に入ります。リンパ管の流れが悪くなると、タンパク質が腕や足に残ってしまいます。そのタンパク質が周りの水分を引き付けて、むくみが起こってしまうのです。

一般的なむくみの原因は水ですが、リンパ管が詰まって起こるむくみの原因は水ではありません。むくみの原因は、濃度の濃いタンパク質であり、ねっとりとした水分です。リンパ液の流れが悪くなった腕や脚の中に、濃度の濃いねっとりとした液が溜まります。出口であるリンパ管は流れが悪くなっていて、外に出ることができません。この液をむくみの起こった部分から、外に出すことが治療になります。

治療方法は患部を上にすることと圧をかけること

むくみの原因の液を出す方法は、患部を上にして、リンパ管の流れが悪くなった部分を下にすることです。脚がむくむようになったら、原因は脚の付け根のリンパ管が詰まっているからです。この場合は、脚よりも脚の付け根が下になって、脚にたまった液が脚の付け根から出ていきやすいようにします。寝るときに脚が上に上がるように、高いところに乗せて寝るようにします。

また、起きている間は脚を上にあげることができないので、液が溜まらないように、むくみが起こる部分を締め付けるようにします。つまり、日中は弾性ストッキングをはいたり、腕なら弾性スリーブをつけたりして、液が溜まらないようにします。弾性包帯を巻くこともあります。寝ている時は、患部を上にあげて、起きているときは患部を弾力のある布で締め付けるのが、治療になるのです。

寝ている時と、起きている時の治療では、どちらの方が重要かというと、圧倒的に起きている時の方が重要です。起きている時は、腕や足が付け根よりも下にある状態なので、リンパ液がどんどん下にたまってしまいます。また一般的に、寝ている時間よりも、起きている時間の方が長いです。

そのため、治療用のストッキングやスリーブを着用するのが、最も良い方法となります。リンパ液をもっと早く出したい場合は、むくんだ部分を手でマッサージして、リンパ液を腕や脚の付け根に誘導します。このマッサージを、リンパドレナージといいます。治療用の弾性ストッキングや弾性スリーブは、つけた状態で動くと布地が伸び縮みして、マッサージの代わりになります。昼間に弾性ストッキングや弾性スリーブをつけた状態で、軽く運動することも治療になります。

弾性ストッキングとスリーブは起きたらすぐつける

弾性ストッキングや弾性スリーブは、起きたらすぐにつけることが重要になります。起きてから時間がたった状態でつけても、むくみを取ることはできません。すでにリンパ液が溜まってしまっています。お風呂から上がった後に、しばらく家の中で活動するのなら、その時もすぐに弾性ストッキングや弾性スリーブを身につけるようにします。朝起きてから、夜横になるまで、ずっとつけておくものと考えた方がよさそうです。

弾性ストッキングや弾性スリーブを装着するときは、脚や腕の付け根に食い込まないようにします。リンパ管のつまった部分を締め付けてしまうと、リンパ液の流れがますます悪くなってしまいます。これでは溜まったリンパ液が外に出ることができません。弾性ストッキングや弾性スリーブを身に着けるときには、リンパ管のつまった部分に食い込まないように気を付けるようにします。

腕のむくみは手首から先に圧をかけられない

弾性ストッキングや弾性スリーブを身に着けて治療する方法は比較的簡単に行えます。弾性ストッキングは、普通のストッキングとは厚みが違うので、違和感を覚えることもありますが、むくみを隠すことはできます。ズボンやロングスカートを履けば見えなくなりますし、外見上はあまり違和感がありません。

腕に装着する弾性スリーブは、手首から先に圧を加えることはできません。本当は手首から先にリンパ液が溜まらないようにするためには、指先から腕の付け根までを全体的に締め付けた方が良いのです。しかし、日中に仕事や家事で手作業するときに、指先を覆ってしまうと不便なため、手首から先は出しておくことになります。

このために、腕のむくみが出ている人が、弾性スリーブを使うと、手首から先にむくみが起こりやすくなります。腕のむくみが軽ければ、椅子を低くして仕事中に腕が上に上がるようにすることで、むくみを解消することができます。

 

リンパ浮腫は、腕や足にリンパ液が溜まって、むくんでしまう症状の事です。がんの治療後の後遺症としてよく見られます。治療法は患部を上にあげることと、弾性ストッキングや弾性スリーブを身に着けて圧力を加えることです。