Skip to content

リンパ浮腫の発症時期はいつから?

現在ではガン治療も進化していることもあり、ガンと診断されても多くの人が治療で改善を得られる時代となっています。

しかし、ガン治療では副作用が起こることもあり、手術や放射線治療を受けた際にリンパ浮腫が起こることがあります。

この記事ではリンパ浮腫の発症時期はいつ頃なのか、もしもなった場合はどのような治療が行われるのかについて書いていきます。

リンパ浮腫の特徴と発生する時期を知る

治療にも様々な方法がありますが、ガン治療は良い改善を得られるだけではなく、副作用が起こることも珍しくありません。

抗がん剤による抜け毛などは良く知られていますが、このほかにも様々な副作用があり、リンパ浮腫もそのひとつです。

体には多くのリンパがありますが、治療の際に手術でリンパ節を取り除いたり放射線遅治療を行うことでリンパの流れが悪くなり腕や脚にむくみが生じることがあります。

改善のためにも、まずはリンパ浮腫の発症時期を知っておきたいところですが、これには個人差があります。

治療後すぐに発症するという人もあれば、手術後10年以上など長い年月を経って発症する人もいます。

リンパ浮腫は治療を受けた人が必ずなるというわけではありませんが、一度なると治りにくい傾向にあり悩んでいる人は少なくありません。

程度にも個人差があり、比較的軽い症状であればセルフケアで対応することもできますが、悪化してしまうと日常生活にも支障をきたしてしまう恐れも考えられます。

セルフケアでは肌の保湿をしっかり行おう

リンパ浮腫を悪化させないためにも初期のうちからリンパ浮腫治療を進めていきたいとろですが、まずは自宅で行えるセルフケアをしっかりと行うことも大事です。

セルフケアではまずはスキンケアを丁寧に行うことが大事です。

リンパ浮腫になると肌が乾燥しやすくなりますが、放置しているとさらに乾燥が進み、肌のバリア機能が低下してしまうことにつながります。

皮膚の保護機能が低下すると細菌感染が起こりやすくなりますので、皮膚は清潔に保ち、その後は保湿ケアで乾燥を防いでいきましょう。

また、擦り傷や切り傷を防ぐことも大事ですので屋外の作業の際は長袖や長ズボンで肌を守る工夫も行いたいところです。

太りすぎることも症状を悪化させることにつながりますので、体重も適正に保ち太り過ぎないようにします。

このほかではリンパの流れを良くするマッサージ弾性ストッキングなどによる圧迫もリンパ液の滞りの改善に役立ちます。

適度な運動も改善に役立ちますが、激しい運動は逆効果となることもあるので注意が必要です。

初期はあまりむくみは強く出ていませんが、放置していると悪化する可能性がありますので、むくみに気づいたら早めに医師に相談することも大事です。

医療機関の治療で改善を目指そう

リンパ浮腫も軽い症状であればセルフケアでも対応できることがありますが、かなり悪化している場合はセルフケアだけでは十分な成果が得られない場合もあります。

そのため、改善が難しい場合は医療機関での治療も考えてみましょう。

まずリンパ浮腫治療では保存療法としては浮腫部分の圧迫リンパマッサージがあげられます。

こうした治療は浮腫の軽減や悪化の予防に役立ちますが、これだけでは完治が難しいものがあります。

よりしっかりと改善効果を期待するのであれば、外科的な治療も考えていきたいところです。

外科的な治療としてはまずはリンパ節移植手術があげられます。

この治療では機能を失ったリンパ管のかわりに健康なリンパ管やリンパ節を移植して機能の回復を目指します。

比較的症状が軽い人であればリンパ管静脈吻合術で良い改善が得られる可能性があります。

この治療は保険適用となっており、比較的傷が小さく済むので傷はできるだけ残したくないという人にも向いている治療です。

このほかでは脂肪吸引システムを活用したVASER超音波リンパ浮腫根治術も良い改善が得られると注目されています。

日帰りで行えるのもメリットですが、対応できる医師はそれほど多くはありませんので、良い結果を得るためには医師選びも慎重に行っていく必要があります。

まとめ

リンパ浮腫はガンの手術や放射線療法を行った際に発症することが多くなっています。

発症の時期は個人差があり、手術後すぐに発症する人もあれば何年も経ってから発症する人もいます。

しかし悪化すると改善は難しくなりますので、初期のうちからしっかりとケアを行いましょう。

自宅で行えるケアでは適度な運動スキンケアマッサージなどがあげられます。

改善が難しい場合は医療機関の治療で良い改善が期待できますので、医師に相談することがおすすめです。

リンパ浮腫の治療にも色々な方法がありますので医師と相談しながら最適な治療方法を見つけいきましょう。