Skip to content

リンパ浮腫の治療費はどれぐらいかかる?


体の中には血管以外にリンパ管が流れていて、リンパ液が溜まるとむくみになります。体を動かせば通常はむくみが解消しますが、それでも解消しないときはリンパ管に問題が発生している可能性があるので、一定の治療が必要になるでしょう。

 

 

 

保険適用を受けて治療を行うとき

病気になって治療を受けるとき、できるだけきちんと治せる方法を選びたいでしょう。一つの病気に対していくつかの治療方法があるとき、それらの治療方法の中から自分に合うものを選択します。治せる方法を選ぶときもあれば、支払える予算に合わせて考える時もあります。

病気の一つとしてリンパ浮腫があり、その時にかかる治療費がどれくらいになるか気になるかもしれません。突然起こることもあれば、元々ある病気をして、その後に起こる症状としても知られています。その前の病気の治療にそれなりにお金を使っていると、できれば安く済ませたいと考える人も多いはずです。

まずは保険適用を受けて治療ができないかどうかを考えてみましょう。この病気の問題としては、血流がうまく流れていない状態にあります。そのための治療方法として、手術を行わずに措置をするケースがあります。手術を行えば比較的早く症状が回復するという利点があるものの、費用が掛かりやすいケースが多くなります。又手術となるとその後の入院の必要性などが気になるかもしれません。

欧米などでも一般的に行われているのは圧迫法と呼ばれる治療方法になります。弾性の布を患部に巻いておき、それを医師の管理の元でキープさせながら行う治療になります。手術はなく保険適用になるので、症状にもよりますが数万円程度で受けられるときもあります。ただし治療期間としては一定期間かかる場合があり、必ずしもこの方法で完治できるわけではありません。

リンパ節を移植する手術を受ける時の費用

体には血管の他にリンパ管と呼ばれる管が通っています。血管に血液が通っているのと同様リンパ管にはリンパ液が流れています。血液は酸素や栄養分を送る役割がありますが、リンパ液にも一定の役割があります。上手く流れないと体調に問題が生じるので注意しないといけません。リンパ管の病気の中でも注意しないといけないのがリンパ浮腫になるかもしれません。

何らかの影響でリンパ管が詰まった状態になり、リンパ液が流れなくなります。リンパ液が流れなくなった部分のリンパ管がどんどん膨らみ、手足で起こるとその部分がむくんだ状態になります。通常のむくみであれば、体の筋肉の動きなどできちんと流れてくれます。しかしこの病気になるとリンパ管自体に問題が生じているために筋肉が動いてもリンパ液が流れてくれません。そこで一定の治療が必要になります。

取られる方法としてあるのがリンパ節を移植する手術があります。比較的重症な状態の時に取られる手術で、問題になっているリンパ管を他の方法でも修復できないときに行います。体の他のリンパ管を切り取り、それを詰まっているリンパ管に移植します。気になる治療費ですが、こちらは保険適用が受けられます。手術をするために1週間から10日程度の入院が必要になるので、手術費用と入院の費用が掛かります。保険適用を受ければ、10万円程度で受けられるかもしれません。高額療養費に該当すれば、1か月の中で治療を受ければ一定額に抑えることができます。

色々な手術を受ける時にかかる費用

病気に対する治療法はどんどん新しいものが考えられています。まずはその病気を完治するための方法が考えられ、ある方法で完治できるようになったらより楽に治療が受けられるような治療方法が考えられます。考えられた治療方法は誰もがすぐに受けられるわけではありません。まずその治療方法の効果が確認される必要があり、国の機関などで承認がされます。

国で承認されてもすぐに保険適用されるわけではなく、その治療が一般的なものにならないと自費診療で受けないといけないケースもあります。リンパ浮腫で悩んでいるとき、保険適用の治療がいくつかあるのでまずはそれを検討すると良いでしょう。それ以外に保険適用以外の治療もあります。

あるクリニックでは超音波によって病気の状態の部分を吸引する方法を取っていて、通常だと一定の入院が必要なところを日帰りでも受けられるようにしてくれています。治療費としては上腕のみで60万円近くするのでそれなりにかかると考えておいた方がいいでしょう。ただ再発率が少ないとされているので、将来にわたって問題が解消されるとなると決して高いと言えないかもしれません。

金額が高いがどうしても受けたいときにはモニターに応募して治療を受ける方法があります。症例として写真などが提供される代わりに、一定の割引が受けられる仕組みになっています。保険適用外になるので100万円以上かかるときもありますが、割引を受ければ一定金額安く治療を受けることができます。

 

リンパ管の問題は、病気の治療をした人に多く見られるとされます。治療方法にはいくつかあり、まずは保険適用が受けられる方法を検討しましょう。10万円以内には抑えられます。一方で早い退院が期待できる保険外治療の選択も検討してみましょう。