がんの治療後のリンパ浮腫を治療するために知っておきたい4種類の方法

脇の下のリンパの痛みの原因や対処方法

脇の下のリンパの痛みの原因や対処方法

 

リンパの痛みで困っているという人はいませんか。
例えば、脇の下のリンパが痛んで困っていることもあるかもしれません。
このように脇の下のリンパが痛むという際にはいくつか原因がありますが、この記事ではこうした原因だけでなく対処法も詳しく解説していきます。
実は脇の下のリンパが痛むのにはこんな理由があったのです。

脇の下のリンパが痛む理由とは?

リンパは全身を巡っていますが、脇の下にもリンパは流れています。
この箇所のリンパが痛むという場合には幾つか原因がありますが、まず疑っておきたいのがリンパ節炎です。
このリンパ節炎はリンパ節に病原菌などが侵入して発生します。
リンパ節炎も放っておけば治ることもありますが大事になることもあるので気をつけておきましょう。

 

脇の下のリンパが痛む場合

単なる疲労で脇の下のリンパが痛むこともあります。
疲労すると老廃物が体中にたまりますが、こうした老廃物をリンパ系で処理する際に痛みや腫れが生じることがあるのです。
このため、過度に運動などをした際にリンパが痛む際にはこの可能性を疑ってみるのも良いでしょう。
とはいえ、疲労でリンパが痛む際には単に脇の下のリンパが痛むのではなく、全身の他の箇所のリンパが痛むということが多くなっています
このため、他の原因で痛む場合と比べて分析しやすいでしょう。

 

結核で脇の下のリンパが痛む場合もある

結核で脇の下のリンパが痛むこともあります。
例えば、結核菌が肺に侵入するとその付近にあるリンパが痛んだり腫れてくることがあるのです。
具体的には、脇の下のリンパや首周りのリンパです。
このように結核とリンパはあまり関係が内容に思えて実は思わぬつながりがあるもの。

このように脇の下のリンパが痛むのは実にいろいろな原因が関係しています。
痛みも疲労などのように軽易な内容で発生しているのであればよいですが、結核などのように気をつけておきたい原因もあるのです。
このため、脇の下のリンパが痛む場合には用心も必要でしょう

 

他の箇所のリンパが痛むこともある

リンパは何も脇の下のみにあるのではありません。
リンパは全身にありますから他の箇所のリンパの痛みも気をつけておきたいところでしょう。
放っておくと危険なリンパの痛みも少なからずあります。

 

顎下や首周りのリンパが痛む場合

例えば、顎下や首周りのリンパが痛む場合です。
この場合には口内トラブルが原因のこともあります。
「首周りの痛みと口内トラブルが関係あるのか?」と感じるかもしれませんが、口内トラブルによって細菌が増殖すると細菌感染を周囲に引き起こすことがあるのです
これによって顎下や首周りのリンパが痛むというわけです。

この場合、強い痛みや発熱を伴うのが特徴になっています。
こうした被害を防ぐためにも口内は乾燥させないようにしたり、歯磨きをしっかりするといったようにケアをするのが大事になってきます。
歯周病などを直してもリンパの痛みが引かないこともありますから気をつけておきましょう。

 

がんの可能性

リンパに痛みがあるだけでなく腫瘍が生じた際にはがんの可能性もあります
リンパのがんとしては悪性リンパ腫瘍がありますが、これはかなり厄介な病気です
このように痛みがある場合にはがんの危険性もあることは知っておきましょう。

 

風邪によってリンパが痛む

風邪によってリンパが痛むこともあります。
風邪になるとリンパが働いて病原菌を退治する助けをしてくれますが、これによってリンパが痛んでくることがあるのです
これも後述する外傷によるリンパの痛みと同じように正常なリンパの働きです
しかし、痛みがあまりにもひどい場合には風邪ではなく他の原因が関係していることもあります。
このため、単に風邪の際にリンパに痛みがあるからといって風邪によるリンパの痛みだと安易に考えないようにすることも大事です

 

外傷が原因でリンパが痛む

他に、外傷が原因でリンパが痛むことがあります。
外傷によって細菌などが体に侵入するとリンパが反応して免疫機能が働きます。
これによってリンパが痛んだり腫れることがあるのです。
これはリンパの適切な働きですからそこまで心配する必要はなく、放っておくと通常は痛みも治まってきます。
逆にいつまでも痛みが引かない場合には他の可能性があります。

 

リンパが痛むケースはいろいろとある

このようにリンパが痛むケースはいろいろとあります。
どのような原因で痛むのかしっかり知っておくと対処もしやすくなってくるはずです
この際にはこの記事で紹介したような内容を参考にしてみると良いでしょう。

また、リンパが痛むのは紹介したように思わぬ理由が原因のことがあります。
リンパが痛いのと結核を結びつけられる人はそこまで多くないでしょう。
このため、リンパが痛い原因をしっかりと分析してどうして痛いのか考察してみることも大事になってきます。

いずれにしてもリンパが痛い場合には放っておかないようにしましょう。
リンパは単なる疲れなどが原因で生じることもあることから放って置かれてしまいやすいものでもあります。
しかし、放っておくと最悪の事態も引き起こしかねないのです

サイト内検索
治療法一覧
VASER超音波リンパ浮腫根治術
リンパ節移植術
LVA(リンパ管静脈吻合術)
保存療法(圧迫療法/マッサージ療法)
記事一覧